わたしカフェ


by furuteya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

未熟児。

田口ランディさんの「ドリームタイム」に“肉の花”と云う話がある。



~  そうか、未熟児だったのか。それがなぜ大切なのだろう。 
「未熟児で生まれて来た子はね、あの世のことをよく覚えているの。それを私たちに教えてくれるからね。そのために、ちょっと早めにこの世にやってくるの。あの世からのお使いさんだよ」
「あの世の・・・・・ですか?」
「そうそう。人間が生まれる前にいた場所のことね。忘れちゃってるでしょう。生まれる前はどこにいたと思う?」
「私ですか、いや、覚えていないです。」
宮下のおばあちゃんは、私をからかうみたいにホッホッホと笑った。
「みんな忘れちゃうの。でも、ときどき覚えてる子がいる。そういう子がいないと人間はこの世がすべてだと思ってしまうからね。未熟児で生まれてくる子たちは、あっちのことをよおく覚えている。大人が忘れたことを教えるために、命がけで生まれてくる。まあ、ありがたい子たちさ」 ~



まご1は、1900グラムで生まれた。
f0200795_16522864.jpg

ほんとにありがたい子だぁ~。
[PR]
by furuteya | 2010-02-22 16:54 | おもう | Comments(0)