わたしカフェ


by furuteya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

思う。

テレビが、壊れた。
正確には、不良品だった。



とりあえず、
うちのサービス担当の娘に相談。
いろいろやってくれて、
遂にメーカーのお客様なんちゃらに電話して、指示されたとうりに操作して、

「故障と思われるので、販売店に連絡してください。」

と、言われる。



数日後、
いろいろ経路をたどって、販売店のサービスの人が来た。

故障の状態を、販売店に電話した時、実際に訪問してくれる手はずの連絡の時、来てくれた時、同じことを言っているのに、こちら側の操作の間違いではないか…の、ようなことを言われる。
なので、
娘に、連絡をして、電話でもう一度同じことを言ってもらい、操作して、やっぱりおかしい!と云うことになり、メーカーに連絡すると云うことになった。


そして、
メーカーのサービスの人が来る前に、これまた、また確認の電話が来た。

また、同じことを言う。


すると、
その時点では、たぶんこちら側の操作のまちがい!という揺るぎない判断を持っていたと思われるので、
「部品の故障ではない場合、お金がかかる!」と。

そして、
「電話で、故障の状態を確認する応対をする場合、今日の出張サービスはキャンセルになる。」と。



だ・か・ら・

初めに、
そちらの指示を受けて操作して…#$%&‘+?)!”%$…
それで、
販売店の人が来て~&%$#”$#%・・・・・・・・


でも、
そう云う指導を受けているメーカーのサービス君は、どうしようもない。


仕方がないので、
また、電話で、同じことを繰り返した。



で、
彼の、想定外だったので、やっと出向いて来た。


そして、
彼らにとっては、あり得ない故障だったので、
でも、やっぱり故障だったので、
部品を取り換え、深く頭を下げて帰って行った。





で、
思った。




原子力発電所と、一緒だ。


原発は、絶対に壊れない。
と、
公言していた。

でも、原発に関わってるひとが皆、そう思ってたかは…どうだろ?…





ひとが機械を作り、もっと良い機械を作り、機械がひとを指示できるまでの機械を作り、

ひとは、機械の言うように動いて、信用して…

鶏と卵みたいに、どっちが先かわかんなくなっちゃう。



それか、
いずれ、映画みたいに、機械に殺されちゃうかも。




でも、
所詮、そんなものちっぽけで、
生きるもの、作られるものは、それを取り巻く大自然にはかなわない。



この地に立たせてもらってるということを忘れて、横柄な生活をしていると、

きっと、まずいと思う。



機械は道具。使うもの。使われてはいけないと思う。




でも、
ほんとに便利な世の中。

それはそれで、ありがたい。

幸せだ。




すべてに感謝して、暮らそう。



f0200795_0235845.jpg

[PR]
Commented by ひとみ at 2011-10-08 10:33 x
便利な世の中なはずなのに
はずなだけに対応が付いて行けてないんだね
私の勤め先の会社もそう^^;
物だけ作ってマニュアルが追い付いていけない・・・

なんども同じこと言うこっちは大変だよね^^;
Commented by furuteya at 2011-10-09 20:56
ひとみへ。

壊れないように、自信持って作ってるから、そっちの側から考えると、対応が分かる気がするけど…
でも、あれだよね?!
対応力もあると思う。
着けたいよね!対応力!
by furuteya | 2011-10-07 00:25 | おもう | Comments(2)