わたしカフェ


by furuteya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

贅沢。

お風呂。

お煎茶で作った石鹸で身体と頭を洗う。

沈むお日さまと共に、
2時間、本を読む。
f0200795_19271875.jpg


上がって、
作ったビワ化粧水をつける。

ビールde第3を吞む。



しあわせだ~\(^o^)/
[PR]
by furuteya | 2011-05-30 19:34 | くらす | Comments(0)

課題~よもぎ。

アラジン君の活躍の場が無くなってから気づいた。

よもぎ、煎じとけばよかった。


でも、やりたい!

よもぎ石鹸も作りたいし
ローションも作りたい。

来年のための試作として、やっぱりやろう!



お日さまに干して、
煮詰めて、また煮詰めて・・・・・。


1回分の石鹸と小さなスプレーボトル1本分くらいな出来そう。




なると、
やっぱり、パワフルな春のよもぎが欲しくなった。




折りしも、
雨だから、外で遊べないし・・・・ってまご1親子が来た。
お昼を食べ終わった頃、

晴れて来た。


よし!
ひとっ走り、山によもぎ頂きに行こう!

山は、
雨上がりのため、森の息遣いが聞こえそう。


f0200795_1025959.jpg


登った道を下りて来たんだけど、
何だか、
登った時より、草が大きくなってる気がした。
f0200795_10304769.jpg




さて、
よもぎをありがたくいただいて、
今、干してます。
f0200795_10324494.jpg



今、思いついたけど、
干しておいて、アラジン君出動の時に煎じたらいいんだ!


よし!
[PR]
by furuteya | 2011-05-30 10:35 | くらす | Comments(0)

風評被害。

風評被害(ふうひょうひがい)とは、
存在しない原因・結果による噂被害のこと。多くの例では災害、事故での不適切又は誤報により、生産物の品質低下やまったく存在しない汚染などを懸念して消費が減退し、まったく原因と関係のないほかの業者・従事者が損害を受けること。災害、事故による直接の被害や顧客の危機回避のための判断や安全確認のための出荷停止は風評被害には該当しない。(Wikipedia)


との、ことです。




踊らされて、自分から踊っちゃたらだめだよね。

自分の役割、役目を全うしなきゃ。



でも私も、
ひとの言うことに左右されて、「え~!? うそ~!?  そうなんだ~!」
って、踊らされることが多々ある。

たしかに、
中国製品は、未だに敬遠してる。(これは地産地消の生活のためにいい機会だったと思う。)
自分に、
乳飲み子がいたら……妊娠してたら……
と、想像すると身近な情報に右往左往する気がする。


でもでも、
この年だから、ちょっぴりは冷静でいられる。

出来るだけ、出来る事だけ、
落ち着いて、対処したいと思う。









もし、
私の会った川湯温泉のひとたちが、大勢お客さんが来てくれてる時も、そうでない時も、
接してくれる態度が同じだったら、
また、伺ったと思う。
[PR]
by furuteya | 2011-05-27 15:40 | おもう | Comments(2)
f0200795_13495215.jpg

2日目、
鹿に会い、きつねにも鷲らしきものにも遭遇しながら屈斜路湖に到着。
いぬは、
水に向かって猛ダッシュ!
しかし、リードが付いているので気持ちだけしか行けない。
泳がせてあげたかったんだけど、
夫っとの許可が下りませんでした。

もう、と~っても良い陽気でおだやか~な気分。

湖畔の木彫りのお店に入ってみる。
先客が一組居たんだけど、
その“風評被害”についてを熱く語られており、
長居は無用と察し、そ~っとスル―しました。
f0200795_14938100.jpg

たしかに、有名な無料温泉も無人。

そして、
硫黄好きの夫っと推薦の硫黄山に寄って、
川湯温泉へ。




確かに、
人気は無い。
でも、
無人では無い。


宿泊するホテルに入ると、節電モードなのか暗い。
売店も閉まってる。
節売店なのか・・・・・。

チェックインして、
仲居さん(?)が、館内の説明をしてくれる前置きが“風評被害”
ず~っと“風評被害”
部屋に着いても“風評被害”

部屋も洗面所のお湯が出なかったり
などなどがあり、
な~んか、ふにゃふにゃって感じ。


何だか、今、どんなお風呂だったかなぁって思いだそうとしても忘れちゃってる。


食事も、
生寿司が付いてるのに、ご飯がおひついっぱい来た。
ステーキと思われるお肉は、福原さんとこと雲泥の差。
塩からが子鉢いっぱい来て、これは何人分だろうって量(こっちの方々はこの量が普通なのかも)。
何か味も、尖ってる感じがした。

それで、
福原さんの倍の料金!

たぶん、もう行かない。


朝は、
売店が開いていたので、寄ったけど心動かすものが無い。
でも、買わなきゃ出ずらい雰囲気。
取り敢えず、
温泉まんじゅうを購入。


チェックアウトして、
外のお土産屋さんへ。

1軒目、まず“風評被害”から。
そこは、知り合いのひとが丁度来たので、そそくさと退散。
2件目、おもむろに“風評被害”のはなし。
「たいへんですね。」しか言えず、
耳かきだけを買って出ようと思った。
100円の所から2本取ったのに。
1本は200円だと言われ、
300円出して、お店を出た。

前の日は、
と~っても良いお天気だったのに、
次の日は、どんより。
路地に渦巻きのつむじ風が吹いていそうな空気。

風も風評被害かな・・・・・。




でも、
久しぶりに、違う景色を見られて良かった。
f0200795_14502595.jpg

道東は、
まさにほっかいど~ぅって感じがするよ。



いぬ連れ、しかも中型犬以上はなかなかきびしいけど、また行くぞ!
[PR]
by furuteya | 2011-05-27 15:03 | おでかけ | Comments(0)

そして、まご2。

もうすぐ3歳になる。

彼女は、
思考に口が直結してると思われる。

先日、葬儀があり、
火葬場で、

「ねぇねぇ なんでやくの?   たべるの?」

と、発言してしまったそうです。



斬新です。
f0200795_936725.jpg

[PR]
by furuteya | 2011-05-25 09:37 | かぞく | Comments(0)

親。  子。

まご1が、なかなかです。

まご1母が、
「どーして、うちの子だけこうなんだろー!?」
「どーして、うちの子だけできないんだろー!?」
と、
日々、嘆いております。



ってか、あんた、何か母っぽいよね(^_^)v


あたしゃ、
あんたたちのこと、
「あたしの子だから、出来なくてしょうがないかぁ!」
「あたしの子だから、こんなもんかぁ! 出来すぎかも!」
くらいに思ってたなぁ・・・・・。


大きくなって、
本当に、私の器じゃ無理になって来た時は、親、やめちゃえばいいと思った。
だって、
違う人間だもの、わからなくて当たり前。
私は、私で、天と地と自分に恥ずかしくない自分でいればいいや!って思った。


なげやりではない自覚の生き方(自負^^;)。
もしや、
まごまごに、ちょっと混ざっちゃてる?




でも、
した方が良い事、いっぱいあるよねぇ。
出来た方が良い事、いっぱいある。



しか~し、
親は、子供がいなくても生きていける。
子は(幼児は)、親なる者がいないと育たないのさ。
f0200795_203030.jpg



育て、育てられておくんなさい。


  
[PR]
by furuteya | 2011-05-24 20:07 | かぞく | Comments(2)
良いとこだったよ~(^o^)

もしかしたら、
若い人は物足りないかもしれないけど、私たちは充分だったかな。


まず、
フロントに可愛い娘がいました。

お部屋も、お掃除が行き届いていました。

お食事は、バイキング。
種類は少なかったけど、私たちには充分でした。
外食独特の、濃い甘めの味付けじゃなく食べやすかった。
十勝牛の陶板焼きが、おいしかった。
お醤油のようでお醤油じゃない甘くないあっさりとしたソースが良かった。
おなかい~っぱい食べて、さあ!デザートにしようと、デザートコーナーへ。
ふと、見ると、おはぎがあるんです。
え~!言ってよ!
もう、おはぎまでは入らない!
アイスはゆずれないし!
もしかしたら、
明日の朝にも、あるかも・・・・・と
期待しましたが、あるわけがない!


心残りだ~。



そして、お風呂ですが、
露天風呂は、後から取って付けたような感じでしたが、取り敢えず露天風呂。
お風呂のお掃除も行き届いていて、お湯も良かった!



夕食を挟んで、2回お風呂に入り、
いぬところころして、持って行った本を読んで就寝。
いぬは、
最初は、ふとんに入って来るんだけど、気が付いたらいない。
ふとんの外で寝てる。
何故だろ~?



次の日。
朝食の何がおいしかったかって、それはご飯、米です。
パンは、おいしくなかった・・・・・。




長々と書いたけど、
1番書きたかったのは、
その・・・・美術館です。
ホテルにあるのは“ミネルヴァ美術館”って名前で、別に“福原記念美術館”ってのがあるようです。
そう云えば、聞いたことはあった気がします。
残念ながら、
そちらへは行けなかったのだけど、次回はぜひぜひ行ってみたいと思っています。
ホテルの方の美術館も、朝食の後にちょっと寄ったのだけど、
聞いたことある作家さんがい~っぱい!
こりゃ、
また来て、じっくり観させてもらわなきゃ!と思いました。

だって、
タダだよ。
神田日勝とか、東山魁夷とか、池田満寿夫さんのもあった。


好きな人、
ぜひ、行ってみてください。





持参した本

淋しい狩人 (新潮文庫)

宮部 みゆき / 新潮社








そして、
川湯に、行きました・・・・・・・が。
[PR]
by furuteya | 2011-05-24 12:23 | おでかけ | Comments(0)

いぬとお泊り。 続き

親戚の告別式の後、
高速道央道で上川まで行き、層雲峡、糠平湖経由で
然別湖の“ホテル福原”で、1日目のお泊りの手はず。

時間が押していたので、
見たかった東大雪のアーチ橋を見に行ってると思われる駐車中の車を横目で見、
何だ坂こんだ坂あんな山こんな山を越えて、
然別湖の湖畔沿いの道路まで出ました。

けっこう、道が狭い。
すれ違いずらい道幅のようで、退避場所まである。
そして、
湖畔の際に、「路肩 弱い」の立て札。


え゛~~~!!!


恐いじゃん恐いじゃん・・・・・!

助手席にいたので、湖側。
心もち、肩が内側に。
f0200795_165219.jpg





でも、
めちゃめちゃお天気が良く、
寒くもなく、
とっても湖がきれいでした。
f0200795_1637218.jpg




そしてそして、
その福原さんですが、何と美術館があるのです。

すごいよ~!

それは、次回で。
[PR]
by furuteya | 2011-05-23 16:56 | おでかけ | Comments(0)

ごぼうさん。

ごぼうさんは、えらいですよねぇ。

煮てもよし、
炒めてもいよし、
揚げてもよし、

ともだちは、お茶にもしてました。

良いだしも出て、

身体に力もつける。



そんなえらいごぼうさんですが、
最近ハマっているレシピがこれ。

f0200795_16153992.jpg

フライパンに鶏皮を入れます。
f0200795_16165824.jpg

自分の油で揚がっていきます。
f0200795_16182774.jpg

スライスしたごぼうさんを、ドバ~っと入れます。

鶏皮から出た油でから揚げする感じ。
塩で味付けして、できあがり!
f0200795_16212486.jpg



残った油で、パスタを炒めたり・・・・・ヤキソバも良い。そうめんもビーフンも良い!



ひとりで、大ぶりのごぼう、1本はいただけるかも。
[PR]
by furuteya | 2011-05-23 16:27 | ごはん | Comments(2)

いぬとお泊り。

夫っとに1週間の連休があり、
せっかくなので、いぬ連れでどこかに行くことにした。
f0200795_1433910.jpg

用意をしていた。
お出かけ用の折りたたみのケージを出してくると、
いきなり、いぬのテンションが上がった。
このケージを使ったのは確か2年は前だと思う。

車に荷物を積みに行くだけなのに、
自分も行かねばならぬと、玄関でそわそわ。
一緒に、出て行こうとする。

覚えてるんだねぇ・・・・・。

ちなみに、
病院も好きです。
狂犬病などなどの予防接種をしに、「病院、行くよ!」と、行ったら、
一目散に車に乗ろうとします。




折りしも、
出発予定の前日、親戚の葬儀があり、当日も告別式がありました。
終わってから、出たのですが、
その日宿泊するホテルに着いた時、
夫っとが、
「あ、おれ、黒のソックスのまま来ちゃった・・・・・。
 ジーンズに、スニーカーに黒のソックス・・・・・・かっこわる~・・・・」

でもでも、
お天気が良く、私には最高な出だしでした。
f0200795_14505320.jpg

[PR]
by furuteya | 2011-05-21 14:52 | おでかけ | Comments(2)