わたしカフェ


by furuteya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

クリスマス。

昨夜、
You Tubeをふらふらしていて、見た動画。
ジョン・レノンのハッピ―クリスマス

途中、一度消した・・・。


でも、やっぱりちゃんと見た。



子どもたちが、まごまごの顔に重なった・・・

過呼吸になりそうな映像。

クリスマスだから、平和な地にいる私(たち)がまた一度、心に置いて、思いだけでも飛ばさなければいけないと思った。

クリスマスだから。



普通に息ができる生活に感謝を、プレゼントされた。
[PR]
by furuteya | 2013-12-23 12:09 | おもう | Comments(0)

修繕工事ほぼ終了。

思ってたほど、閉鎖感は無かったな。
f0200795_15595015.jpg

こんなふうに見えてた西の窓からの景色。
f0200795_160917.jpg

雪が降り始める頃、そろそろ佳境に。
f0200795_1615681.jpg


そして、
足場解体。
f0200795_1645894.jpg
f0200795_1651329.jpg
f0200795_165245.jpg
f0200795_1653860.jpg
f0200795_1654420.jpg


そして、すっきり。
f0200795_1665860.jpg


お日さまの沈む位置が変わってた。
f0200795_1683558.jpg

[PR]
by furuteya | 2013-12-11 16:08 | くらす | Comments(2)

独り占め満喫…

本日、 まごまごの保育園の発表会なり。

終了後、ご飯を食べて、近くの温泉へGO!

男子は男湯へ。
もちろん、女子は女湯。

女湯、まごは一名。
他、ままとばば。
滅多にあり得ないスペシャルな独り占め。

なんせ、まご五人なわけでして(^^;;


ままとばば、独り占め満喫し、アイスを食べ…
ずっと、
この幸せが続くように思われてた…のもつかの間。

「いぬ、散歩させなきゃいけないから、」
と、お別れさせていただきました。

f0200795_21333017.jpg

それから、ずっと…いぬに文句を言ってたとか。

「かい(いぬのなまえ)…うっしゃい!(うるさい)」
「かい…£&@¥&…」
「かい…うっしゃい…@&¥%$*…」
「かい…………………」




だよねぇ… いぬもいたんだよねぇ…
でも、
ねこもいるんだよ??



でも、あれだよ。
常にいると、面白くもなぁんともない!って!
ね!?
f0200795_2147942.jpg



たまに会えるから、良いんだって( ^ω^ )
[PR]
by furuteya | 2013-12-07 21:46 | かぞく | Comments(0)

長葱さま、ご冬眠。

ありがたく、野菜をたくさんたくさんいただきました。

おいもや玉ねぎは、よしとして、
長葱さんには、
冷凍冬眠していただくことにしました。
f0200795_1521567.jpg

青い葉の部分は、小口切りにして、
もっと先の部分はスープ用に、
白い茎は保存袋に入る長さにして、冷凍庫へ。
根のひげは、土を良く取って使いたいのでまだ水にさらしておいて。

ちゃんと、おいしくいただきますから。
ありがとう!
[PR]
by furuteya | 2013-12-04 15:30 | ごはん | Comments(0)

灰谷健次郎と重松清。

“くちぶえ番長゛を一気に読み終わって、思い返した。

くちぶえ番長 (新潮文庫)

重松 清 / 新潮社



うちの娘、おもしろい子だったこと。(今も名残は、かすかにある。)
私は、楽しかったんだけど、
外では、そうも行かないことも多々あって、
自分の軸の確認に、その頃、灰谷健次郎氏の本を読んですがっていた。(ちょっと大げさか・・・)

そんな娘たちもひとの親になり、私との距離が少しずつ開いて行っている。

児童雑誌の掲載だったとは知らずに読んだ。
読みながら、
娘がまだ、手元に居た時のことを思い出した。
最後に、
雑誌「小学四年生」に連載されていたことが記されてあった。


子どものことで、気持ちが揺れ動いていた時、うまく自分の気持ちを表現できなくて、誰かに相談に乗ってもらうということができなかった。
(たぶん、気持ちは決まっていたせいもある。)
そんな時は、灰谷健次郎

お世話になりました。



本は良いですよ。
まるっきり知らない人の話が聞ける。
しかも、
自分好みの!


今は、
この本のようには、すっきり行かない世の中かもしれないけど、子どもが小学校にいるうちに読んでみてはいかがかな と思う。


子どもに係わっていた頃が、遠~い昔に思い、今に感謝した次第でした。
f0200795_1973015.jpg

[PR]
by furuteya | 2013-12-02 19:08 | おもう | Comments(2)