わたしカフェ


by furuteya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2014年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

アンガ―マネジメント。

またまた、北海道新聞から。
f0200795_16173156.jpg

抜粋します。

 「なぜ人に対して腹が立つかというと、心のどこかに相手を変えられる、いうい思い込みがあるから。 でもたいてい結果は変わらず、ストレスがたまるだけ」
 安藤さんによると、自分を怒らせるものの正体は「べきだ」の感情だという。 「子どもはこうあるべきだ」 「夫はこうあるべきだ」 「社会はこうあるべきだ」・・・。 自分が信じている「べきだ」が目の前で裏切られると怒りが湧く。
 「怒りはアレルギーに似ている」とも。 同じ経験をしても怒らない人もいる。怒りっぽい人は「べきだ」というアレルギー反応が多すぎてつらい人。 自然な感情なので怒るのは構わないが、怒るもの、怒らないものを区別するのがアンガ―マネジメントだ。
 アレルギーへの反応と同様、まずは「対処療法」だ。 怒りの感情のピークは長くて6秒。 6秒待てば衝動的に不用意なことを言わずに済むという。 その瞬間をやり過ごすため、指で太ももに頭にきていることを書いてみる。 手元にある携帯電話の傷を数えてもいい。
 同時に今の怒りを10段階評価で表したら何点か、点数をつけてみる。イラッとするたびに点数化していると、些末(さまつ)なことにいちいち反応しなくなるという。
 次に「体質改善」。 まず自分の「べきだ」が何かを知る。 怒りを書きとめ、分析すると、いつどこでなぜ怒るか分かる。 協会では、怒りタイプ診断の体験版をネット上で公開。 怒りのきっかけが見えると、コントロールしやすくなる。
 怒りが続く時は、それが怒りで変えられるかどうか考える。  猛暑に腹を立てても天候が変わらないと同じで、変わらない相手にイライラするより、自分が過ごしやすいよう意識を変えた方がいいという。 「怒りは、力の強いところから弱いところへ連鎖する。また、子どもや配偶者など自分に身近な人に対してほど強くなる」。 ムダな怒りで自分の信頼を失うこともあり、得をすることはない。
 「怒りは『第2次感情』。怒る前に何かネガティブな第1次感情がある」とも。 普段なら怒らないことでも、心のコップに「つらい」 「疲れた」などの感情がたまっていると、水があふれて怒りが爆発する。 気分転換のメニューを用意し、コップの水を減らす努力を。
怒る場合は最初に相手を承認し、「絶対」 「いつも」 「必ず」などレッテル貼りや決めつけになるような言葉は使わない。 「気持ち、分かるよ」と伝えた上で、過去を引っ張り出したりはせず、ゆっくり静かに怒るのがコツだ。 何を許して何を怒るかという怒りの境界線をずらさず、論点や目的を明確にしたい。



ということらしい。

読んだ時は、怒りとアレルギーか・・・ なるほど!  と、思ったけど、何だか面倒くさい世の中だなぁ 書きあげて思った。
f0200795_1721370.jpg

[PR]
by furuteya | 2014-09-27 17:02 | おもう | Comments(2)

新聞から。

北海道新聞の生活欄の子ばなし。

f0200795_1640645.jpg


ウケたので、みんなにも教えます。
[PR]
by furuteya | 2014-09-26 16:42 | くらす | Comments(0)

運動会。

9月の初めに、まごまごの保育園の運動会がありました。

この保育園の運動会は、ほんとに面白い!
それは、この運動会で成長している子どもたちを見せるという園の方針がしっかりしているからと云う事と、おもしろくしようという先生方の意欲が伝わるからだと思う。
f0200795_16161390.jpg

f0200795_16173331.jpg

障害物競走では、年齢で、障害がレベルアップして行く。
跳び箱の高さだったり、鉄棒の上がり方だったり・・・
一番大きい子は、逆上がり!   これまたほとんどの子ができる。

3、4歳児が綱引きをする。

そして、
保護者は手をつないだまま、輪をくぐり渡して行く競争。
祖父母は、玉入れ。
これが、多く入った方が勝ち! ではなく、全部入った方が勝ち!
どっちかが入りきるまで、終わらない。


最後は、やっぱりリレー。
アンカーは、大きな赤または白の旗を受け取ってゴールするんだけど、
すごい接戦になって、旗をほんの一瞬取り損ねた方が負けちゃったんだけど、すごい悔し泣きをしていて、こっちももらい泣きしてしまった。


楽しかったよ。
また来年。
f0200795_163647.jpg

[PR]
by furuteya | 2014-09-26 16:36 | くらす | Comments(0)

小樽で。

義母の用事で、急遽、小樽に出向いた。

小樽市の指定歴史的建造物という市役所での待ち時間に写真を撮る。
f0200795_15403437.jpg
f0200795_1540494.jpg
f0200795_1541190.jpg

時計、ちゃんと動いてた。
f0200795_1542964.jpg



さて、
いぬが待ってる!と急いで帰ろうとしたら・・・ ?港に見慣れない真新しい建物が!
f0200795_1552438.jpg


いや!あれは、もしかしてでっかい船かもしれないと、時間もないのに港に行ってみる。


やっぱり!
f0200795_15535157.jpg

入らない!
f0200795_1554925.jpg

むむむ・・・・・

f0200795_15544580.jpg

入った~!!!

セレブリティ ミレニアム という船でした。



おっきかった・・・。
[PR]
by furuteya | 2014-09-26 16:02 | くらす | Comments(0)

顔。

3年生のまご1が、
すったもんだの末、
「おれ、マジでブス ダメなんだけど! しかもデブなんてありえないし!」と、女の子に言ってしまった…らしい。

ちょっと問題になり、母親が諭しにかかったが…

「ママ、一番見るのは顔だよ!」と、諭されたらしい…



なんとも………
f0200795_22452310.jpg

[PR]
by furuteya | 2014-09-15 22:46 | かぞく | Comments(2)

旅に。

17歳とほほ半年で、ねこが逝きました。

ここでの命が終わるまでを、見せてくれました。

ほんとは、ねこですから、そんな姿は見せたくなかったと思います。
自分の寝床をいやがり、しきりにベランダに出ようとしたり、お風呂に行きたがったり・・・。
なんとか場所を見つけて、ひっそりと過ごしたかったでしょう。
しかし、
ままならないまま弱って行き、洗面所の床に落ち着いて、最期を過ごしました。


身体の中の”生きてる”が、たまに思い出したように、フェイドアウトしている命に意思を表すのを見せてくれました。

眠っているような顔のまま、荼毘に付しました。
f0200795_16194333.jpg


まごまごが、最後のお別れに来てくれました。
まご姉は、とっても悲しんでくれました。
ひょうひょうとしているまご妹に、悲しくないのか問い詰めると、
まご妹「へ? てん(ねこ)は、海に行くんだよ~。  キャンプかなぁ」
天国に行かないかと聞くと
「いかないよー!  海だよー!」
そして、シックスセンスのある彼女曰く、「とりあえず、いろんなとこ、旅に行く。」らしい。


ちゃんと生きてることを見せてくれて、ありがとう。

この何日か、いろんな感動がありました。
そのひとつ。
あんなに仲の悪かったいぬが、おとなしかったこと。
ねこを、そっとしておいてあげてたこと。
たまに、鼻でつんつんしてあげてたこと。
最後はねこに口をつけて、おわかれをちゃんとできたこと。



よかった・・・。




ちゃんと生きて、命を終わらせなければと思いました。
f0200795_16412579.jpg

[PR]
by furuteya | 2014-09-12 16:42 | ねこいぬ | Comments(6)

大河ドラマ。

“軍師官兵衛” を観ています。

この前の放送を観て・・・
秀吉さん。
ど~して、そんなに欲深いのかと思い、つくづく人間っていやだなぁと思ってしまった・・・。

ど~したかったの?
それで、ど~したいの?

でも、人間だよなぁ・・・
人間じゃなかったら、ここまで見境なくないもんなぁ・・・

なんて、
思いながら、大河、終わる頃は雪になってるなぁ とも思ったりしてました。
f0200795_19211164.jpg

[PR]
by furuteya | 2014-09-04 19:21 | おもう | Comments(0)

アエル・・アエナイ・・

ちっちゃい指で、

「アエル・・・アエナイ・・・ アエル・・・アエナイ・・・・・」

って、エアー花占いをやってるまごまご。


それって、やばくない?  パパに聞かれたら・・・・    こわっ!


「でさ。 だれにアエルアエナイなの?」


「あんぱんま~ん!」


ほっ!
f0200795_1942424.jpg

[PR]
by furuteya | 2014-09-04 19:04 | かぞく | Comments(0)

TIA

ご存知ですか?  

一過性脳虚血発作(TIA)【いっかせいのうきょけつほっさ】

Transient Ischemic Attack。一時的に脳の血流が低下したり、小さな血栓による一時的な血管の閉塞によって一過性で神経症状が出現したりする病態です (定義では、症状が 24 時間以内に完全に消失するもの、とされています) 。主な症状は、「視野が狭くなる」「ろれつが回らない」「手から物を落としてしまう」などがあります。数分程度で症状が消えることもあれば、なかには数時間から 1 日近く続くこともあります。これは、脳梗塞のサインでもあります。


先日、母の整形外科の定期通院のため、迎えに行きました。
車に乗ったのが、9時。
話し始めて、5分。  何だか、眠いのかな・・・?    起きてから誰とも話してないから、口が重いのかな・・・?

「お母さん?  話しづらくない?  今日、朝、誰とも話さなかったの?」

母 「やっぱり?  何だか口が重い感じがするけど、自分だけかと思ってた・・・。  朝は、何とも無くて、ラジオ体操に行って、普通に話せたよ。」

と、話しながら、心なしか顔もむくんでる気がしてました。
しかし、
次第に、何とも無くなってきました。

病院に着いたのが、9時10分。
総合病院なので、受付して、診察する整形外科に着いたのが、9時15分。
9時半の予約でしたが、9時20分に呼ばれ、先生に会ったのが、9時25分。

すぐ、その旨を話しました。
軽く、目とか舌とかを確認して、その“TIA”って知ってるか聞かれました。
「知りません!」  即答です。

と云うわけで、その後、いろいろ検査をし、即、入院と相成ったわけです。



びっくりしました!

だって、一瞬だったんです。 あれ?  あれあれ? ん?  って、思ってるうちにふつうに戻って来ちゃったんです。

もし、
通院の日じゃなかったら・・・。
その時間、話したりしなかったら・・・。

気が付かなかったかもしれない。




母は、高圧酸素のカプセルに入り、血液サラサラになる薬を飲み、納豆と青汁とクロレラを禁止されてはいますが、スコブル元気でして、リハビリを楽しむ余裕を持って、病院生活を送っています。


あ~~! びっくりしたぁ!!!
f0200795_18395216.jpg

[PR]
by furuteya | 2014-09-04 18:40 | くらす | Comments(4)