カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2月に読んだ本。

2月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1058
ナイス数:17

雨のなまえ (光文社文庫)雨のなまえ (光文社文庫)感想
ズブズブの雨の中、こんな展開になってしまう彼らを眺め、こっちもどうしようもない雨の中にいるような気がして、「ゆきひら」で、少し晴れてきたかなって思ったけど、いきなり冬の雷雨。え〜って落ちたけど、最後、あたたかい雨にぬれることが出来て良かった。読んだかいがあったよ。 しかし、缶に携帯、投げ入れるのは、ろくなもんじゃない。 でも、投げ入れられたワカモノのその後の展開を妄想してしまう。
読了日:02月28日 著者:窪 美澄
([み]3-1)メロディ・フェア (ポプラ文庫 日本文学)([み]3-1)メロディ・フェア (ポプラ文庫 日本文学)感想
読み始めて、あれ?これ誰の本だっけ? 山本幸久?って作者確認しちゃったけど、やっぱり、一人ツッコミは宮下さんだなぁっておもいました。 家族、親娘って、こんな感じなのかも。結乃ちゃん、いい子。みんないい子。 クボジュンは、今どうしてるんだろう…。
読了日:02月22日 著者:宮下 奈都
その日東京駅五時二十五分発 (新潮文庫)その日東京駅五時二十五分発 (新潮文庫)感想
入院してた時、同室の方から聞いたお父さんの話を思い出した。 その方も通信隊で、戦時中も国民が知らされているとは違っている情勢や、玉音放送の前に知っていたことなどなどを、語っていたことを。読んでよかった本でした。
読了日:02月19日 著者:西川 美和
空ばかり見ていた (文春文庫)空ばかり見ていた (文春文庫)感想
長い旅だった〜!
読了日:02月15日 著者:吉田 篤弘

読書メーター
読書メーターから、移してみた。“空ばかり見ていた” は、去年から、読んでいた。読むと眠くなった…。なので、ずいぶん時間がかかった。この一冊の間に、10冊くらい読んでたかも。でも、映像は、すごく浮かんだ。BSプレミアムなんかで、8Kとかで、観てみたい。
# by furuteya | 2019-03-21 18:03 | えんた | Comments(0)

夢のはなしから。

また、靴が無くなる夢を見た。

たいてい出先で、帰ろうと思い、靴を履こうとしたら、靴が無い。



あんまり、いい夢ではないみたい。



でも、
今回は、繋がりは覚えてないんだけど、
水の中に、巻いてたストールとかを、落としてしまう。

拾おうとするんだけど、あまりにも水がきれいで、
落としてしまった布物も、中でとってもきれいに沈んでいて…
キラキラしていて…

そんなあたりで、目覚めちゃったんだけど、
今でも、
その光景が、浮かぶ。


すごくきれいな水。
手を入れて取ろうとした時に、水面がゆれてキラキラして、
思わず見入ってしまったこと。




どんな意味があるんだろう。



でも、
布だから、しまい込んでしまっている布たちが、思い出すように教えてくれたのかも。
って、思って、
ちょっと、せっせとやり始めている。



そうしたら、こんなものも忘れていた。

今、中学生の孫が3歳くらいの時に描いた絵を、刺繍したもの。

f0200795_18243183.jpg

これは近いうちにものにしようと思う。

ちょっと気持ち、キラキラして来たぞぉ!




# by furuteya | 2019-03-11 18:30 | くらす | Comments(2)

空。

思ったより、寒かった。

でも、
空は、確実、春。


f0200795_19564455.jpeg
時間経つの早いなぁ……。


もう、8時。

今日は、歯を抜いたので、禁酒。

さて、
アマゾンプライムビデオで、映画でも観るとするか。



# by furuteya | 2019-03-04 20:05 | くらす | Comments(0)

黄色。

キルトの補修、始めてます。


f0200795_22033202.jpeg


けっこうボロボロ。

丸のピースがあったので、アップリケしてます。


f0200795_22055496.jpeg


むか〜し、
「伊東家の食卓」で、針に糸が通らない時、黄色を土台にしたらいい。ってのをやっていて、ずっと実践してます。

本当です!


参考にしてください (^_^)v

# by furuteya | 2019-02-28 22:14 | つくる | Comments(0)

同居の定義。

壁に飾ってある、夫っとと私の父たちの写真。

小学2年生の孫に、誰かと聞かれたので、
「こっちがじじのお父さん。 で、これがばばのお父さん。」
と、答えると。


ん?……
「ちがうね。 かお。 ちがう人に見える。」


いや、だから、「こっちがじじのお父さんで、こっちがばばの… 」

「兄弟じゃないの?」


「へ?」


「兄弟だから、一緒に暮らしてるんだと思った。」



「じゃあ、パパとママは?」



彼女は、小首を傾げました。


私は、しわのある太い首を傾げました。



f0200795_14051932.jpeg

# by furuteya | 2019-02-24 14:06 | かぞく | Comments(0)

桜。

お雛様と一緒に、桜を飾った。 昨日。

生けた時は、蕾ばっかりだった。

今朝。
f0200795_15180711.jpeg


午後3時。

f0200795_15194107.jpeg

明日は、満開かも。






昨日の玄関。


f0200795_15214272.jpeg

桜。

f0200795_15222400.jpeg

こっちは、明日、どうかな?





春…来るなぁ…。

春って、こっち寒いんだよなぁ…。


でも、ワクワクするんだよなぁ…。












# by furuteya | 2019-02-23 15:39 | くらす | Comments(0)

はぎれ達。

時間があったので、久しぶりにはぎれ箱を開けてみた。


f0200795_16311413.jpeg

ここしばらくは、頼まれ事や、繕い物以外布にさわること…なかった。


アイロンかけて、陽にあてて… 少し眺めながら…何しようか、考えよう。




そうそう、
今年の目標。

くたくたになったキルトの補修。


はぎれ達に、陽の目を浴びさせよう!

# by furuteya | 2019-02-18 16:40 | つくる | Comments(0)

とち水さま。

『滑るからね。 気をつけてね。』と、いぬに言いながら、非常階段を下りてました。

滑ったのは私でした。



最後の5段くらい、ツルツルズズッーっと落ちて、左腰付近を打ちました。



しかし、散歩は行かねばなりません。



骨盤と背骨を伸ばし気味にして、何とか帰宅。

湿布した方がいいかなぁと思いながら、夕飯の仕度をしていて…
思い出しました。


そうそう! とち水があったじゃん!

f0200795_19473505.jpeg


ずっと前に、道の駅でみつけたトチの実。

食用にするには面倒そうなので、調べて、とち水に。

焼酎につけるだけなんだけどね。



忘れたけど、何かの時につけて、よくなった気がする。
が、
その後、打撲の機会もなく。



しかし、来ました。 機会。



つけました。 ゴシゴシと、なすりつけました。


つけた時から、和らいだような…。


転んだのが、4時50分くらい。

つけたのが、6時くらい。

今、8時。

じっとしてると、ぜんぜん大丈夫。
体、傾けるとちょっと、ちょっとだけ痛いようね…ってだけ。


寝る時に、もう一度つけたら、たぶんもう大丈夫な気がする。


効くんだゎ。

たぶん。

# by furuteya | 2019-02-05 20:08 | くらす | Comments(2)

あ゛〜〜〜〜〜……!

母のために、恵方細巻きをせっせと巻いてました。


母は、お風呂に入ってました。



上がったのが、12時半。

せっかくなので、あるだけご飯を巻いてしまって、食べ始めたのが1時近く。
東北東を向いて。


母が帰ったのが2時過ぎ。

いつもなら、上がってすぐ、お風呂片付けるのに、台所片付けたり、ちょっとネット見たりして…。

何故なら、お湯出しっ放しで出てきたのが、何回もあったから。
身体が思うように動かないから、お風呂出る時に、触っちゃうんだろうと思うんだけど。
で、
2時半くらいに、さてさて、お風呂をのぞいたら…。

なんと、シャワー出しっ放し!
しかも、
石鹸の上に!



ひぇ〜〜😱

2時間も〜 😭

油断したー!


今日は、節分。

明日は、立春。


立て直して、気をつけて、また1年、過ごそう!

f0200795_16404110.jpeg

# by furuteya | 2019-02-03 16:41 | かぞく | Comments(2)

味噌仕込みます。

去年の暮れに、叔父が亡くなって、いそがしいから!って事で、叔母から大豆と麹を授けられた。


私とて、落ち着かない日々を送っていたわけで… 。


麹はとりあえず、紙袋に移しておいたんだけど、もらってから半月近くにもなって、開けてみると、色はあまり変わってないんだけど、何かこうセメダインっぽい臭いがする。
調べてみると、発酵の途中でもそんな匂いがするとのことで、だからといって今すぐどうもしてあげられないので、味噌作りには少し多めの塩で塩きり麹にして、布巾をかけて涼しいところにおいておいて…一週間。

臭いがが消えました。
ってところで、もうやめようと思っていた味噌仕込みをする事にしました。

アラジン君に、大豆を茹でてもらって、横着をして、ミキサーで大豆を潰してもらいました。

f0200795_22432784.jpeg

塩きり麹も、ミキサーにかけました。


f0200795_22452086.jpeg


樽を出すのが面倒だったので、1㎏ずつで仕込んでフリーザーバッグに入れました。



f0200795_22515669.jpeg
どうなることやら。

明日、残りを仕込みます。


美味しく出来てください。


今夜のでっかい月にお願いしました。


# by furuteya | 2019-01-21 22:56 | ごはん | Comments(0)