わたしカフェ


by furuteya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:おもう( 179 )

最近気になること。

お茶碗の持ち方。

女優さんの。



カップみたい とか、
底から持ち上げるように っていうか、
手のひらで包むように...というか...。



あまりに、テレビとかで
そういう姿を続けてみると、それが正しい...? って思っちゃう。

f0200795_13464601.jpg

違うよね...?

親指以外で底を、親指でお茶碗の縁を支える感じで持つんだと思うけど...。



変だよなぁ.........。

[PR]
by furuteya | 2018-05-06 13:58 | おもう | Comments(0)

おうえん。

がんばってる君に
頑張れ!って言うのは、本当に偲びない。

でも、
生きていくために、踏ん張れ!

長く歩き続けるには、歩幅に気をつけよう!

肩をいからせて歩くと、息切れするのも早い!

f0200795_11032271.jpg

たまに、ふら〜っと、杖持って、現れることにするから。

ベンチも持参するから、ちょっと休んだりしよう。






[PR]
by furuteya | 2018-04-27 11:07 | おもう | Comments(2)

時間のやつ。



その日をこなして...
日が暮れ。
夜を越して、朝になり
また、その一日をこなす。

ちゃんと、分け隔てなく時間は過ぎる。

絶対、早くも遅くもならず、生真面目にそのスピードを変えない。

たまに、融通聞かせて欲しいな。

f0200795_19491347.jpg

[PR]
by furuteya | 2018-03-05 19:50 | おもう | Comments(2)

ゴミの分別。

昨日のニュースで。

今、我が町は、雪まつりの真っ最中。
お越し下さった外国の方が、
「こんな大きなイベントで、ゴミの分別をしなきゃいけないなんて、考えられない。」
一緒の方も
「私は分別なんて、そんなことしない。」

上からの物言い。



しようよ。分別。

してよ。分別。


あなた方の国も、した方がいい。


[PR]
by furuteya | 2018-02-07 21:32 | おもう | Comments(2)

ともだちのこと。

今日、千歳に送る時に、友達の家の近くを通った。

帰り道、電話がなった。

見かけて、電話くれたのかと思ったら、
なんと、
グランドピアノのことで、声をかけていたので、その話だった。
まごまごがピアノコンクールで東京に行くって時だったので、
「ピアノが私たちの安否確認を取持ってくてたんだね。」って友達が言った。

私たちは、滅多に会わない。

でも、
大抵、思い出す時は一緒。
ふっと浮かんだら、連絡が来る。

会わなくても、寂しくない友達。






会わないで、
仲良くなって、
会って、
いつも会ってるように会えた友達がいる。

話したことなかったのに、変な間がなく話せた友達。

無かったことにして知らず知らず溜まってる悪露をふと、話して勝手に楽になっちゃえるような友達。

まだ、言ったことはないけど…。

面と向かっては言わないと思うけど、尊敬してる。

病気をして、手が麻痺しても、左手で書きながら…今は普通に右で書ける。
かなりきびしい持病があっても、自力で一歩を出す。
まぁ、
その他諸々。



またまたいつも会わなくてもってか、年単位で会わなくっても、思ったら暖かくなる若い友達がいる。
会った時は、彼女、二十代だったなぁ…。
彼女は、子供ふたり連れて再婚したんだけど、
これが、
子供、特に下の子、誰が見ても親子でしょ!ってくらいそっくりだった。
仲良くしてると、似て来るんだなぁって感心した。



みんなありがとう!
こんな私で。
でも、付き合い良くないけど、けっこうこんな私、いい奴╰(*´︶`*)╯♡

[PR]
by furuteya | 2018-02-02 18:49 | おもう | Comments(4)

訃報など。

続けて、友達のご主人が亡くなった。

二人とも偶然、63歳。

一人は、勤めている時の同期。
もう一人も、まるっきり知らないわけではない人。

子供も独立して、定年を迎えたりして…これから、だらだら遊ぼうか!って時。

しかも、
ひとりは、私の友達の高齢の父親の危篤が続いていたので、自分の方はおざなりになっていたんじゃないかと思われる。
その友達は、
お掃除は得意でもお料理はからっきしダメな方で、私たちがお宅へ遊びに行く時は、ご主人が私達が食べるお昼ご飯の用意をしてから出勤!って感じだった。
いつも、仏壇に向かって「心配してるでしょう?」って、話しかけてるって言ってる友達。

同期の方は、大学出てからの入社だったと思うので歳は違うけど、友達にひとめぼれで、彼氏のいた友達を奪い取った!って感じ。
それから、ず~っとず~っと仲良く過ごしてきたと思う。
f0200795_14255649.jpg
去年、還暦ってことで、同期の女子(?)で会った。
節目ってのは、良くも悪くも、いろいろ起こるような時期になってるんだと感じた。



そして、
近くの友達のご主人が若年性認知症とパーキンソン病を発症して、特養老人ホームに入所することになった。
入所できる経済力があるのですることになったのだけど、友達はどうも、後ろめたさを感じてるような話をする。
彼女には彼女の考えがあって、そうしたのだから問題はないと思うのだけど、ちょっとのこころの黒い所を話してみたかったみたいで…。
f0200795_14403837.jpg
でも、
時間は、リズミカルに、誰にも平等に刻まれる。
あなたにも私にも。
あいつにもこいつにも。

だから!
良き適当で過ごそう!





[PR]
by furuteya | 2017-11-17 14:48 | おもう | Comments(4)

後悔。

銭湯に行った。

上がって帰る時、床に落ちてたアイスを踏んだ。

「あ~!  冷たい! アイス踏んじゃった!」
って、
ソックス取り替えて、帰ってきちゃった...

そこ...
拭いた方がいい って頭で考えたのに、からだが無視しちゃった...

そこから、ずっと...後悔。
f0200795_20364888.jpg
ごめんなさい...

[PR]
by furuteya | 2017-07-29 20:37 | おもう | Comments(4)

最強の言葉。

しばらく、チビズを預かっていたのですが…。

その言葉は、
罵倒もできるし、笑って仲直りもできる。
その言葉は、
ひそひそニヤニヤすることもできるし、大声で叫んで憂さ晴らしもできる。

すばらしい!


その言葉は…… 『うんこ』


ほんとに感心した臨時保育期間だった。

ドリルもできるはずだわね。


f0200795_19204261.jpg
来ていた時に、公園からもらって来たたんぽぽ。
気づいたら、ほわたになってた。
玄関の一輪挿しに密かにさされていたので、穂綿になるまで気づかなかった。



この子たちも、後5年くらいしたらつまんなくなるのかな……
f0200795_19270180.jpg


[PR]
by furuteya | 2017-06-17 19:28 | おもう | Comments(2)

お金の使い方。

太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫)

宮下 奈都/集英社

undefined

結婚式もうすぐって時に、いきなり婚約解消を告げられた女の子が、そろそろのろのろ、オーガニティックなスローライフにひたひたしながら立ち直って行くんではないか。というお話なのですが…。

その中の一節に
【お金の使い方って、つまりはその人を表すことになあるみたいだ。 何にどれだけお金を使うかにその人の人生が現れるような気がしたのだ。】
という、くだりがある。


今までの自分、振り返って見て…そして今も…。
確かに、
その時その時を現している。

自分しか見えない時期。
守らなきゃいけないことに必死な時。
それでも、自分を見てもらいたい時。
分不相応なのに、見栄はって、それで気持ちのやりくりをしてる時。
なんてことがあって
の、今。



今。
今は… 出来る分を出来るだけ、後悔しないようなお金の使い方をしてると思う。
まぁ、
無かったら無いなりの暮らしをしたら良いとも思ってる。

いやぁ、
何とも、また、反省を思い出させる良い機会をもらった本でした(^^;;




[PR]
by furuteya | 2017-03-13 16:46 | おもう | Comments(2)

やきとりの食べ方。

さっき、ラジオで、
やきとりの串を、外して食べるか食べないか!ってのをやっていた。

まぁ、好きに食べれば!いいんだけど、

「みんなでシェアして、いろんな味を食べたい!」から、外す。って意見もあった。

シェア…か~

こんな感じで〝シェア”使うひととは、やきとり食べにいかないかな~って思った。



まぁ、 こういう感じの人から誘われないか
f0200795_12430220.jpg

[PR]
by furuteya | 2017-02-09 12:43 | おもう | Comments(0)