わたしカフェ


by furuteya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:おもう( 179 )

盗み聞き。

盗み聞きしなくてもいいくらいな声だったんだけど…

母のベッドのお隣さん。
退院してからの生活の諸々があるらしく、ご家族の方が見えてて、看護士さんや施設の関係者と相談していたらしい。
初めはご本人も参加していたらしいが、途中で病室に戻ってきた。
で、
「ご家族の方々 って言ったら私も入る。」
看護士さん「他のご家族のことですよ。」
お隣さん「息子は家族だけど、嫁は家族じゃない!」

なんか、それだけで、100倍妄想できそう!な発言でした。
f0200795_22384297.jpg

[PR]
by furuteya | 2015-04-30 22:24 | おもう | Comments(2)

ガキ夫。

NKKのあさイチで“ガキ夫”という言葉を聞いた。

がきおっと・・・ガキオット・・・gakiottoと読むらしい。


しかし、響き的には“小鉢男子(こばちだんし)”の勝ち。


上から目線で、よく面白い語彙(ごい)を作るもんだ。



で、
ガキ夫さんのことは、ばかばかしいので、テレビ止めちゃったんだけど…。

思うようにならないでイライラしてガキ夫と思ってしまう妻もチャイルドなのではなかろうか。


でも、若いからだよね。
寄り添おうとするから、期待するから、苛立つのさ。
これから、
まちがいなく時間は確実に過ぎて行くから、時間と共にこなれていって、ほどほど感ただよう良い夫婦になって行けたら・・・ね(^o^)


なんてね…(^^ゞ
f0200795_16323465.jpg

[PR]
by furuteya | 2015-03-20 16:34 | おもう | Comments(0)

小鉢男子。

昨日、初めて聞きました。

 “小鉢男子”


小さい器の(器が小さい)男子だそうで。

なんていい言葉なんだ!



小鉢女子なら、ちょっとかわいいかも。

わたしは・・・
小丼(こどんぶり)くらいでは、いたい。
f0200795_13584075.jpg

[PR]
by furuteya | 2015-01-31 13:58 | おもう | Comments(0)

まごドラ。

実は、
まごまごのひとりが、ドラマにちょいと出演しており、昨年暮れに放映がありました。

UBASUTE」というドラマです。

しばらく、気ぜわしく過ごしていて、今さっき、やっと観ました。



彼女が、これからどういう道を歩んで行くかはわかりませんが、このドラマに出演できたことを光栄に思って欲しいと思いました。
f0200795_19594071.jpg


これから、全国に順次放映予定ということです。

機会があれば、是非ご覧になって欲しいと思いました。
[PR]
by furuteya | 2015-01-20 20:05 | おもう | Comments(2)

煙草と作家。

入院して、
病院では煙草が吸えないので、しゃ~ない!帰ってからだなと思ってた。
退院して、
封を切ってた煙草を見てもそそられない。

そのまんま、吸わなくなって10年近く。

夫っとも、
ひょんなことがら吸わなくなって10ヵ月。(彼は、やめたのではなく中止だそうで。)



夫っとが、吸ってた時にはここまでじゃなかったんだけど、
この頃、
煙草だけじゃなく、いろんな匂いに敏感になってしまって、至る所で「臭っ!」「臭っ!」と眉間にしわを寄せてしまう始末。
夫っとも同様。

前から、
どちらかと云えば、無臭好き。
なるべく、匂いの無いものを使っている。
誰かとすれ違う時は、軽く息を留める。 (キョンシ―じゃなくても)
なのに、
しっかり留めちゃいたくなるほど、研ぎ澄まされちゃって・・・



三浦しをんの

きみはポラリス (新潮文庫)

三浦 しをん / 新潮社

きみはポラリスを読んだついでに

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

三浦 しをん / 文藝春秋

まほろば駅前多田便利軒を読んだ。
多田さんと行天さんは、スマホが手から生えてるひとのように、常に煙草を吸っている。
でも、
ちゃんと携帯灰皿を使っている。(行天さんはポイ捨てだけど・・・多田さんが始末をしている)


本を読んでて、
めちゃくちゃ煙たくなったけど、これ(携帯灰皿)と煙草をちゃんとセットに書く作家さんは品が良いなぁと思った。



私的煙草ネタでした。

追記
[PR]
by furuteya | 2015-01-20 16:51 | おもう | Comments(0)

夢を見た。

ご主人を亡くしているひとり暮らしの友人の夢を見た。

心配事を抱えている。
ご主人が心配している。 そんな夢。

会った時に言ったら、びっくりした!って。

ちょうどその頃、
入浴剤を入れたお風呂に浸かったら、全身蕁麻疹が出て、上がって休んだらよくなると思ったら、だんだん呼吸困難になって来て、
頑張って、救急車を呼んで病院に運んでもらった!って。

アナフィラシキ―ーショック だった!って。

「そのまんまいたら、死んでたかもしれないよ」って、言われた!って。




無事でよかった・・・!


子どもたちより近いところにいるので、不安なことがあったら連絡するように言った。
f0200795_15471975.jpg


ふたりとも、若かったし、ご主人は痩せてたなぁ・・・
そう言ったら、
「私のところには、ぜんぜ~ん出て来ないんだよ!」 って。
[PR]
by furuteya | 2014-12-21 15:51 | おもう | Comments(0)

長生き。

母の病院に付き合った。
会計待ちの時、
紹介されたと言って大荷物を持って足を引きずったおばあちゃんが隣に座った。
足首を骨折してるとのこと。

「あ〜 長生きなんてするもんじゃない!」 ため息をつきながら言った。


母は、シルバーカーがどんなに頼りになるか自分のを指して語り、その方は、家の廊下が狭いことを語り、噛み合ってないようで噛み合ってるのかもしれない会話を繰り返しているうちに、車椅子のお迎えが来て行ってしまわれた……。


健康なら良いけど…… って言ってた。
そうだよねぇ…

『生きていて良かった 』って思うことが少しでもたくさんありますように。
f0200795_2393527.jpg

[PR]
by furuteya | 2014-12-10 20:44 | おもう | Comments(0)

………

いないことに慣れたようで、
ホームセンターのチラシで、猫砂 特売してないか思わずペットの欄に目が入ってしまっていたり、フードあったっけ ってふと頭をよぎったり するってことは、ねこのいた通常からまだ抜けてないってこと………?
f0200795_22294893.jpg

別に抜けなくてもいいことなんだけど…さ
[PR]
by furuteya | 2014-10-18 22:18 | おもう | Comments(4)

アンガ―マネジメント。

またまた、北海道新聞から。
f0200795_16173156.jpg

抜粋します。

 「なぜ人に対して腹が立つかというと、心のどこかに相手を変えられる、いうい思い込みがあるから。 でもたいてい結果は変わらず、ストレスがたまるだけ」
 安藤さんによると、自分を怒らせるものの正体は「べきだ」の感情だという。 「子どもはこうあるべきだ」 「夫はこうあるべきだ」 「社会はこうあるべきだ」・・・。 自分が信じている「べきだ」が目の前で裏切られると怒りが湧く。
 「怒りはアレルギーに似ている」とも。 同じ経験をしても怒らない人もいる。怒りっぽい人は「べきだ」というアレルギー反応が多すぎてつらい人。 自然な感情なので怒るのは構わないが、怒るもの、怒らないものを区別するのがアンガ―マネジメントだ。
 アレルギーへの反応と同様、まずは「対処療法」だ。 怒りの感情のピークは長くて6秒。 6秒待てば衝動的に不用意なことを言わずに済むという。 その瞬間をやり過ごすため、指で太ももに頭にきていることを書いてみる。 手元にある携帯電話の傷を数えてもいい。
 同時に今の怒りを10段階評価で表したら何点か、点数をつけてみる。イラッとするたびに点数化していると、些末(さまつ)なことにいちいち反応しなくなるという。
 次に「体質改善」。 まず自分の「べきだ」が何かを知る。 怒りを書きとめ、分析すると、いつどこでなぜ怒るか分かる。 協会では、怒りタイプ診断の体験版をネット上で公開。 怒りのきっかけが見えると、コントロールしやすくなる。
 怒りが続く時は、それが怒りで変えられるかどうか考える。  猛暑に腹を立てても天候が変わらないと同じで、変わらない相手にイライラするより、自分が過ごしやすいよう意識を変えた方がいいという。 「怒りは、力の強いところから弱いところへ連鎖する。また、子どもや配偶者など自分に身近な人に対してほど強くなる」。 ムダな怒りで自分の信頼を失うこともあり、得をすることはない。
 「怒りは『第2次感情』。怒る前に何かネガティブな第1次感情がある」とも。 普段なら怒らないことでも、心のコップに「つらい」 「疲れた」などの感情がたまっていると、水があふれて怒りが爆発する。 気分転換のメニューを用意し、コップの水を減らす努力を。
怒る場合は最初に相手を承認し、「絶対」 「いつも」 「必ず」などレッテル貼りや決めつけになるような言葉は使わない。 「気持ち、分かるよ」と伝えた上で、過去を引っ張り出したりはせず、ゆっくり静かに怒るのがコツだ。 何を許して何を怒るかという怒りの境界線をずらさず、論点や目的を明確にしたい。



ということらしい。

読んだ時は、怒りとアレルギーか・・・ なるほど!  と、思ったけど、何だか面倒くさい世の中だなぁ 書きあげて思った。
f0200795_1721370.jpg

[PR]
by furuteya | 2014-09-27 17:02 | おもう | Comments(2)

大河ドラマ。

“軍師官兵衛” を観ています。

この前の放送を観て・・・
秀吉さん。
ど~して、そんなに欲深いのかと思い、つくづく人間っていやだなぁと思ってしまった・・・。

ど~したかったの?
それで、ど~したいの?

でも、人間だよなぁ・・・
人間じゃなかったら、ここまで見境なくないもんなぁ・・・

なんて、
思いながら、大河、終わる頃は雪になってるなぁ とも思ったりしてました。
f0200795_19211164.jpg

[PR]
by furuteya | 2014-09-04 19:21 | おもう | Comments(0)